異文化に触れ、新しい自分と出会う!

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図1_生き方を変える

もし、そんな生き方で過ごせる世界があったら、
行ってみたいと思いませんか?

もしそこが、あなたの理想とする魅惑的な、
今まで触れたことのない文化圏だとして、
そこに住むことになったら。

恩恵を受けるために
異国の言葉の意味を、とにかく理解し、
習慣を身に着け、少しでも早くその文化に馴染もうとしませんか?

それが快適に過ごす最短の道だとわかったら
その方法を取り入れてみませんか?

これからお伝えする画期的な内容は、
見たことのない異国の地に足を踏み入れたような、
今までとは180°異なる「秘境」の世界です。

そのコンセプトが冒頭に掲げた、

「問題」を解決する生き方から、
「問題」を【やめる】生き方へ

「したい」ことをする生き方から
「したい」ことが勝手に向こうから【やって来る】生き方へ

のシフトです。

とはいえ、「やめる」とか「勝手にやって来る」って・・・

ヒトは、望まない現実を好んで創っている自覚はありません。

そもそも、自ら「やめる」とか
そんな能動的選択ができる自由意思を
持ち合わせているものでしょうか?

まして
したいことが「勝手にやって来る」なんて
そんな奇跡のようなことが起こるものでしょうか?

そう思われるのもムリもありません。
わたしも初めはそうでした。

そんな奇抜な思考に脳が慣れるまで
しばらく混乱するでしょうが、

わかるように
順を追って説明させていただきます。

その方法のひとつが、

目の前の「気になる」現象を、
シンボル(象徴)として言語化(ランゲージ)する手法です。

この「前兆」を読み取る方法を身に着けたなら、
魅惑的な異国の地でネイティブ並みに言語を操れるように

上記のコンセプトが、当たり前になるのです。

目の前の、理解できない現象のカラクリが
丸見えになり

目の前の、理不尽な相手がなぜそんな行動をとるのか
手に取るようにわかり

感情をかき乱されることなく、冷静に見ていられます。

内側で勝手に湧き上がる、コントロール不能な感情の
正体が、多角的にわかるとしたら・・・

現実を自在にクリエイトできる?

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図2_音とカタチと数字

天を仰いで星読みする占い師が、地に舞う象徴(シンボル)を
言語化(ランゲージ)し、絡まった現象(問題)を読み解く手法を伝える

「因果論」から「目的論」へシフトする、その方法とは

問題(結果)の「原因」にフォーカスする
因果論ではなく、

それを起こした「目的(メリット)」を探っていく
目的論に意識を向けることで

問題(トラブル)が課題(宝探し)へと変わり、
自ら【因果】の関係を引き起こしていたとわかった瞬間

目の前に、まったく異なる景色。
「秘境」が広がります。

こんにちは。

すべてを中和(バランス)に導く

ニュートラル・ナビゲーター 長山 恭子です。

なぜ、ニュートラルに導くかというと

すべての「トラブル」は
「傾きすぎる」ことが原因なので、
中和すれば、問題は勝手に消えるからです。

現在わたしは

  • インド占星術リーディング
  • 心理カウンセリング
  • 経営コンサルタント
  • セミナー講師
  • ルーツ(家系)コンサルタント
  • 先祖供養指導

など、6種類の仕事をしています。

ベースは、
20年前からスタートした
インド占星術を用いたコンサルテーションです。

占星術では、まず「変えられない宿命」を読み取り、
次に「変えられる運命」に焦点を当てます。

「宿命」は変えられない、と知ると
ガッカリしそうですが

生まれたときから決まったルートを
「テーマ」通りに歩めばいいので、

意外と皆さん
意味も分からず、もがいていた抵抗から解放され、
肩の荷が下りるようです。

宿命を受け入れ、覚悟ができたら次は

「人生の流れはわかった(あきらめた)。
で、どうしたら【運】がよくなるか教えてくれ」

と、たいてい開運を望まれます。

わたしは一貫して、
占いの本筋は「運命を変える」ことだと思っているので、
宿命を「当てる」より、運命を「変える」こと
を目的とした占術に力を注いできました。

そもそも、わたしが占いという【運命学】を
人生に取り入れたきっかけは、

仕事に行き詰まりを感じていた20代の頃
占い師に言われた、ある言葉でした。

「春植える種は、春に蒔けば勝手に芽が出て育つ」

当たり前の概念です。

「自然に沿って生きる」ことで運勢は追い風になる。

それほど、運命を変える「開運」は、
カンタンだと知ったからです。

「占い」とは、「ウラ(裏・心)」が「ナイ」こと

厳密に「ナイ」とは「裏表がない」という意味。

つまり、世界の成り立ちは「表裏一体」
セット(上下、昼夜、温暖など)で
成り立つ「二元論」が前提です。

表の現象で理解できない要素(問題)は、
視えない裏を読み解けば、表とイコールなので
一目瞭然、すべてが「丸見え」になるというわけです。

適切な季節に種を蒔いても「芽」が出ない、
もしくは出ても育たない場合は
「根」に問題があるかもしれない、とみるようなものです。

「裏」に隠れた要素が分析できたら、
なぜその「問題」が起こった(起こした)のか、

能動的要因である
「目的」を特定していきます。

次は、それをメリットだと錯覚させられた
無意識下にある「レジェンド(神話)」を、
書き換えるプロセスに進みます。

本来、宇宙は
自分で創った問題は自分で解決できるようになっています。

にもかかわらず
同じ現象が繰り返されるのは、
問題を「自分で創った」自覚がないため
「解決法」がわからず立往生しているからです。

では、さっそく
「滞り」が発生するプロセスを見ていきましょう。

「問題問答」をやめてみる

問題とは「お題を問う」と書きます。

そもそも
問題は「テーマ(課題)」として取り扱えばいいのに
問題自体に焦点を当て
問題を消そうとするその手段が
問題をさらに大きくして
大問題に発展します。

例えるなら
「火事」を知らせる「警報機」が鳴り響くなか
火を消すのではなく、

警報の「音を消す」行為に
やっきになっているようなもので

肝心の火(問題)は、
消えることなく燃え続けます。

これでは
せっかくの努力が報われません。

エンドレスな悪循環サイクル

こんな本末転倒では、「気づけ、気づけ」と警報が鳴り続き
ますます状況は悪化するばかりです。

病気の症状でいうと、
アトピー性皮膚炎で肌が荒れている時、
ステロイド剤で一時的にかゆみは治まっても、
また肌荒れに戻るようなものです。

つまり、根本「原因」が見えないとき
問題解決に臨んでも悪循環になるだけです。

アインシュタインの言葉どおり

「その問題と同じ意識次元でモノゴトを考えても
いっさい問題は解決しない」

ということです。
では、どうしたら根本的な解決に向かえるのでしょうか?

意識次元を切り替え「セルフ・コンサル」へ

知らないコトが悪循環のパターンだとわかったなら、
答えはカンタン。「そうなる」メカニズムを「学ぶ」ことです。

なにしろ「良かれ」と思って努力していることが、
かえって被害を大きくしているわけですから

今までのやり方を止め、
新しい次元での解決法を取り入れましょう。

そこで
シンボル・ランゲージ(象徴言語)というツールを使って

【然学】―自然法則―をベースとした
画期的な方法をカリキュラム化しました。

不自然な現象がなぜ起こるのか、
原因と解決法を見出し、日常生活に密着させた実践法。

すべての「問題=滞り」は「宇宙からの調整」です。

どんな調整かを理解し、自力で問題解決できる、
誰もが、セルフ・コンサルの達人になれるメソッドです!

自分でセルフケアできるわけですから、
今までのように、むやみに医者やカウンセラー、
占い師などに依存する必要がなくなります。

迷った時、焦りや不安から占いジプシーに陥ったり、
心を安定させるためのカウンセリングに頼ったり、

惑いがあるたび、コンサルやメンターにお伺いし、
セミナー荒らしをしなくて済みます。

ただ、自己の内側に静かに意識を向け
「感情」が正しい方向へナビゲートしてくれるまで待つその方法を習得すればいいのです。

この感覚センサーを上手に使いこなせば、
誰もが前兆を読み解く「プロ」となり、
日常生活を豊かに過ごせるようになります。

最大の【安心】とは、
トラブルが起こらないことではなく、

なにが起こっても原因と目的が理解でき、
即座に解決できることではないでしょうか。

これが、絶対【安心】の境地です。

人生において「問題勃発」を避けていたら、
それこそトラブル恐怖症となり、
いつも怯(おび)えてなくてはなりません。

どんな問題・課題・困難が来ようとも、
しっかり受け取り、楽々と解決できる道を選べるとしたら、

問題はまるでゲームのように、人生を楽しませてくれる「遊具」となるでしょう。

「ひっくり返り」思考に慣れるまで

ただし、このゲームのルールは、
今まで生きてきた世界とは異なり

モノゴトの認識の仕方、捉え方、思考パターンが
まったく逆なので、少々、戸惑います。

望ましくないことが起こったとき

「目の前の現象は、自らメリットありきで創った」

なんて、はじめから
誰もが受け入れられるわけではありません。

ヒトは、慣れ親しんだ世界に居るほうが心地いいですし
気に入らない出来事は、誰かのせいにしておいた方が楽です。

しかし、今の次元のままでいたのでは
問題は絶対に解決しないわけですから、

この、現状維持に留まろうとする脳と、
新しい次元の世界に馴染もうとする脳とが
しばらく対峙しなくてはなりません。

これは一種の、「麻薬を抜く」プロセスと似ています。
現状維持状態は、一瞬の安心は手に入りますが
すぐ不安定になるのが分かっているので
そこはグッとこらえて、前進あるのみです。

今までの受け身思考である
『外側の出来事が自分に影響する』から、

別次元の能動思考である
『内側の思考が外の出来事を創り出し、
目的(メリット)達成して欲求が満たされる』

へ意識をシフトする習慣を身に着けます。

たとえば、
「会社をクビになった」は
「会社のほうからクビにさせて、自分の目的(休みたい)を達成した」

「彼氏にふられた」は
「彼氏にふらせて自由になった」のです。

こんな感じで、能動思考は
慣れるまで大変ですが、訓練すれば
意外とこちらのほうが楽になります。

言うならば
左利きを右利きに変えるトレーニングのようなもの。

はじめは違和感から
つい左手(受け身思考=被害者意識)を使いたくなりますが、

能動的な「ひっくり返り」思考が、
新しい世界で生きる上で重要なコツとルール
習得するまで、しばらくの辛抱です。

受け身思考では相手を変える必要がありますが、
能動思考なら、自分の意識次第で
世界はどうにでもなるので、「希望」が持てるというものです。

必要なモノを他者からいただくより、
自ら創り出すほうが、だんぜん自由度が高まり楽しめます。

「錯覚」を見抜く知性

とはいえ、慣れ親しんだ左利きを右利きに変えるには、
それ相応の「決意と勇気」を要するように、

変える選択に価値を見出すには、
例えば、左利きでいることは
一生「不便」を要するなど、
明確な動機が必要です。

「錯覚」の中で生きる受け身思考のパターンでは、
ムダな人生を余儀なくさせられます。

では「錯覚」に気づくとどうなるか、
「秘境」の地は、行って体感してみるしか味わえないように

新しい世界は実践からしか体感できないので、
すでに新しい生き方をしている方のびっくりするような体験談をたくさん聞き

あとは実行するかどうか
ご自身で「決めて」いただきます。

なぜなら、今まで味わったことのない世界の事柄は、
説明しようがないからです。

江戸時代の方に携帯電話を説明しても
理解してもらえないように、
とにかく使って(実践)感激してもらうしかありません。

では実際、
「思い込み」からくる錯覚と格闘したあげく、

わたし自身が
どのように現象と向き合ってきたかをお伝えしましょう。

天の星読み人が、地に舞う象徴をキャッチ

わたしは長年、星図(ホロスコープ)を用いて
前兆を読み取る生き方をしてきました。

しかして星からのメッセージは、非常に抽象度が高いので
誰もが容易に読み取れるわけではありません。

ましてや、正確に読み取り、開運して変化したとしても、
元に戻ってしまったら一からやり直しです。

いくらお金と時間をかけて技術を習得したとしても

日常生活に役に立たなければ、
しかも誰かやナニかにずっと依存しなくては
ならないようなものでは意味がないと思ったのです。

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図3_身体機能は高性能なトランシーバー

そこで、専門性がなくても
誰でも日常に照らしてメッセージを
カンタンに読み解ける手法はないかを探し始めました。

そして、瞬時に揺れる「心」の動き
つまり「感情」が

前兆を読み解く
重要な「カギ」だとわかりました。

個人のホロスコープ(ホロ=時、スコープ=観る)から、
否定的な出来事が予測されるタイミングでも、
大きな困難が避けられている場合、
こんな質問を依頼者にすることがあります。

「なにか信仰をお持ちでしょうか?」と。

信仰というと一般的な「宗教」に
結び付けがちですが、

信仰とは「信じて仰ぐ」と書くように、
確固たる自分軸「信念」を持っているか、という意味です。

信じる思考=念が、運勢を変えてしまうほど
「今の心(念)」は、未来に対し
強烈な影響があるということです。

「自分と自分」との心の関わりが
「自分と他者」との関わりと連動していること。

さらに、「自分と親、親とその親(祖父母)」という先祖や、
「自分と子や孫」という子孫の関係性に

心の「あり方」が深く関わっているとわかったので、
心理学的アプローチも、セッションに加えることにしました。

個人と先祖の「あり方」は切り離せないので
一族の家系指導(ルーツ・コンサルタント)
取り入れています。

さらに、
個人の内面の融合は、家庭内の和合につながり、
それが仕事のさまざまな現象にも影響するので、

経営者の指導と、ルーツ(家系)・コンサルに欠かせない
先祖供養の正しい「あり方」「やり方」の指導につながります。

このように、
運命を変える手段として
インド占星術をベースに

心理カウンセリング、経営コンサルテーション
家系分析と先祖供養指導

一本の流れでつながりました。

これをグーグルマップに例えると

グーグルアース(星図)からストリートビュー(感情)まで
アドレス(自分)という「課題」はすべてつながっていて、
どの遠近でどんな角度で見るかの違いです。

自然法則という「方程式」さえ身に着けたら、
あとは「心身」というツールを使って分析していきます。

天と地の間に「人」が
トランシーバーのごとく介在し、
その感度を高めながら生きると

天からのメッセージをスムーズに
受け取れるようになります。

これで、専門性がなくても
なんの道具(タロットカードやホロスコープなど)も
使わずに未来を予測でき

誰もが自在に「世界を創り出せる」手法に、
たどり着くことが出来ました。

ここからが、
「セルフ・コンサルへの道」
のご案内です。

【然学】Neutlogy で安心を得る

では、具体的に人間型トランシーバーを高感度に保つための
ファーストステップをご紹介します。

センサー(心身)に
キャッチされたシンボル(合図)を言語化して
前兆を読み解くトレーニング用の
ガイダンスマップです。

これが習得できたら、さらに深く掘り下げるための
【然学】-Neutlogy- カリキュラムに進みます。

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図4_然学マーク

然学とは、自然科学のこと。

Neutlogy(ニュートロジー〈造語〉)とは
ニュートラル(中立)ウェイ(道)=中道のこと。

自然界のしくみの中で生きれば、
自然と【至善】に導かれ、ナニモノにも左右されない

「ニュートラルな状態」(中庸)でいられます。

この学びは、
どんな分野の問題・課題にも対応できる、
現場で身に着けていく体感型学習です。

たとえば、

「生きる価値とはなんですか?」

「子どもがいつも夜泣きするんですが」

「仕事のトラブルが続きますがナンのメッセージですか?」

「ここ最近、出かけると雨が降るのはなぜでしょうか?」

「墓参りに行くと毎回、鳥の糞が墓石につく意味は?」

「朝起きたら腕が痺れていたのですが・・・」

「ある地域に決まって災害があるのはなぜでしょうか?」

こんな疑問や気になる事は、何かを教えてくれる
貴重なカギとなり、どれも深い意味があります。

気になるシンボルを入り口に、ルールに沿って掘り下げれば
無自覚な自己(もしく集団)の内面を発見できます。

「子どもの夜泣きは、お母さんの心の叫びだった、と
気づいたら泣かなくなった」

「鳥の糞は、墓石の建て方に問題があったので直したら、
糞(「フン」という無視をやめる)はピタリとつかなくなった」

など、
続いていた現象は、
的(まと)を得る「気づき」で止まります。

これが
「指一本触れることなく、勝手に現象が治まる」
という極意です。

心の「穏やかさ」が最高のギフト

経営者に特化したセミナーでは、
家族の和合が経営にダイレクトに作用するので、
家族全員で学んでいただいてます。

  • どんなに、経営難に陥っていても、
  • どんなに、夫婦仲が破綻していようとも、
  • どんなに、親子関係が断絶していようとも、
  • どんなに、医者から見放された病に罹っていようとも、

自然界からの「お知らせ」です。

隠れている真意(裏付け)を読み解き、
気づきさえすればいいのですが

症状を治すためや
問題をなくすために学ぶわけではありません。

問題や症状がなぜ起こるのか、
原因と目的を解明すると、勝手に症状が消える

「問題」を解決するのではなく、「やめる」
というしくみです。

「滞り」のほとんどは「緊張」からのもの。

その根源を見つけ出し、バランスを整えると

滞りが消えるだけでなく
最終的に「穏やかさ」が得られます。

こんなケースがありました。

10年前にある占い師から、
当時中学生だった長男が夭折(早死)の運命にあると知らされた
今は二十歳を超えた3人のお子さんを持つ50代の夫妻が、
3年前、わたしのセミナーに参加されました。

その夫妻は10年間で、長男のためにと
あらゆる開運を取り入れてこられたそうです。

  • 家は「風水」「自然素材」を取り入れて新築し
  • 開運宝石を家族が各人、身に着け
  • 守護神となる魔除けの「掛け軸」を掲げ
  • たいそうな吉相のお墓も建立し
  • 毎年、厳かな先祖供養もしていました。

にもかかわらず!!

吉相墓を建てた直後に、ご両親が相次ぎ他界し
一番懸念していた長男が学校で大ケガをしました。

成人した子どもたちが独立し、家を出たあとは
実家にあまり寄り付かなくなり

そうこうしているうちに
子どもたち同士の交流もほとんどなくなりました。

そして突然の事故・・・

家族で伊勢神宮に車で参拝に行った帰り道
高速道路で、乗っていた新車のタイヤがパンクし
そのまま反対車線に飛ばされ大破しました。

奇しくもその日はご主人の誕生日!

幸い同乗していた家族にケガはなかったものの
運気を上げるためにやっていた数々の開運法は
いったい何だったのか、頭を抱えていました。

事故からちょうど一か月後
わたしのセミナーに参加されたご夫妻は
今まで起こった数多(あまた)の出来事と
自然法との関係を質問してこられました。

セミナー内容は、
占い師であるわたしが今まで
風水、吉相墓、吉方取り、インド式の魔除け、
宝石、マントラ、ヨーガ、徐霊など、

このご夫妻同様、多くのことを取り入れてきたこと。

それらスピリチュアルな開運法は
一時しのぎであったこと。

今では、宿命をみるインド占星術以外、
いっさいの対処法は取り入れていないことをお伝えしました。

ご夫妻はこの説明で納得され、
こちらの提案する根本解決メソッドを
取り入れることになりました。

結果はというと

ご家族間の関係性が
すこぶる良好になったことは言うまでもありません。

あと、ご家族の身体に表れていた
不自然な症状(腰痛、アトピー、金縛り、目の疾患、脱毛症など)
が改善されたこと。

家族全員で学んでいるので
共通言語(シンボル・ランゲージ)を用いて
「目的論」目線で会話ができること。

日々の「気になる」出来事を、
愚痴や問題(被害者意識)ではなく、

天からの調整「お知らせ」として、
家族で報告し合う様(さま)は、

とても微笑ましく、人から羨ましがられるほど
理想的な家族に生まれ変わりました。

九死に一生を得たタイヤのパンクから、
画期的な手法に出遭えたことが
まさに、最高のギフトになったのです。

この学びは
家族が一丸となって取り組むと
劇的に変化する、という醍醐味があります。

ヒトは、
その家族に生まれた瞬間、一族の課題をこなす
プロジェクトチームに加わったことになります。

これは「宿命」なので、この課題をこなさない限り、
どこに行っても(職場、嫁ぎ先、親と別居、来世)
同じ課題が続きます。

家族(特に夫婦)とは、深い「絆」で結ばれる
唯一無二の存在だと言われますが、

それは、目に見えない
同じテーマの課題で強く結ばれている
という意味です。

他、家族の和合だけでなく
仕事面でも目覚ましい成果が出ている方が
続出していますので、いくつか事例を挙げてみます。

もし【然学】を取り入れていなかったら・・・

「会社経営のプレッシャーでうつ病になっていた」であろう
40代男性の鉄工所社長が、今では広い敷地の社屋に移転し、
日本一の「フランジ」に特化した会社にすると
意気揚々と仕事に取組め、憂鬱状態はキレイに吹き飛んだ。

「亭主元気で留守がいい、と半分別居状態だった夫婦関係」
ギャラリーオーナーが、今では、自分の内面に仮面を被っていた
ことに気づき、毎日ご主人が家にいるようになり、
20年続くギャラリーが、あり得ないほどの大発展を遂げている。

「ときどき来る通訳の仕事を細々とこなす派遣人生だった」
30代のシングルマザーが、今では
大学の非常勤英語講師として、颯爽と働くようになった。

「仕事ができない部下に頭を悩ませていた」
40代のサラリーマンが、今では
部下と自分は【合わせ鏡】とひも解いた途端、
超優秀な部下に激変してしまい、
担当部署の売り上げが2年で約10倍になった。

「ほんの軽い気持ちで小さく始めたネットショップ」
自宅でご両親の介護をしながら始めたショップオーナーの女性が、
一年後には、ご両親がすこぶる元気になり
ショップの売り上げもあっという間に数倍になり、
毎日発送業務に追われ、嬉々とした日々を送っている。

「10年間、赤字の住宅工務店、このままだと倒産の危機?」だった
50代の男性経営者が、今では年間売り上げを、
たった一か月で達成するほど上向きになり、
体調も大きく改善して心身共に絶好調になった。

「憶を稼ぐも毎日やることもなく、精神的不安で酒たばこに耽っていた」
40代の独身男性が、今では、酒たばこを止め、10歳若い女性と
結婚し長男が生まれ、バラバラだった家族・親戚一同とつながり、
一家の長として自信と生き甲斐を感じながら毎日を送っている。

など、とにかく取り組まれた方全員が、口を揃えて言います。

「問題は問題ではない。
すべて自分の頭が問題を創り出していただけ!」と。

運命を変えるのに、能力や資格は関係ありません。
「やりたいか、やりたくないか」それだけです。

東洋が西洋を食べた?!

わたしは2014年の夏、スペインの巡礼地800㎞を一か月半かけて歩きました。
俗にいう、「カミーノ・デ・コンポステーラ」です。

その時に出会ったヨーロッパの若者から、
エキサイティングなことを聞かされました。

当時、東欧ヨーロッパ諸国に住む若者たちは、
共産圏ソ連の崩壊や1989年のベルリンの壁崩壊に伴い、
小国が自主性を取り戻していくタイミングで
ちょうど育っていました。

この変革期を過ごした彼らは、
なにを指針として生きていけばいいのか
不安な状態だったと。

そんなとき、日本のアニメに活力を見出し
多くを学んだとのこと。

「大人たちはアニメを見ている子どもだった僕らを見て
『わ、漫画なんて見てるの?! 大丈夫か?』
と、心配していたが、

たかがアニメ、されどアニメ。
とにかく日本のアニメが僕らを育てたのさ!」

どこに魅了されたの? と聞くと、

「西洋の考えは【白か黒か】の勝ち負けの世界だが
日本のそれは違う。

敵が味方を助けたり、負けたほうが、いい思いをしたり
奇想天外、心に刺さる、そんなストーリーに感動したんだよ!!」

まさに二元性を超えた「陰陽融合」の世界です。

彼らと出会って、

日本の文化や思想が
西洋社会の若者たちに多大な影響を及ぼしている事実を知り、
日本で閉塞している若者たちも同様ではないかと思えた。

これが、今後のわたしのやるべき人生の方向性を
決めた瞬間でした。

世界中の思想の根本原理がひも解ける「融合論」、
この自然法を多くの方々に伝えたい。

とくに「100/ゼロ思考」で心身共に
がんじがらめになっている緊張Maxの方へ。

もしこの原理が広がったら
善いも悪いもない、どっちでもいい
2つは役割、ペアであって切り離せない

このニュートラルな宇宙論の浸透で

内面葛藤からくる自虐で苦しむ人が
世界中からいなくなるのではないかと思いました。

繰り返しお伝えしますが

目の前の「滞り」は、
心のバランスが崩れているから起こる、
単なる天の調整にすぎません。

にもかかわらず、ジャッジし、
自分を責めまくる「葛藤」が、外側に漏れ出し

テロや人種差別、難民問題、飢餓や戦争に
発展しているだけです。

内側の葛藤(裁き)が終われば
外側の分離も同時に終焉するのです。

しかも内面を整えたら
やりたいことが勝手に向こうからやって来るのですから!

具体的にシンボルを言語化するには?

何年もの間、学校教育や躾などで身につけられた
「癒し」とは真逆の「緊張」の海に浸りきった現代人。

そんな洗脳された我われが、すべての宇宙システムを
体得するには時間を要します。

しかし不安定な時期だからこそ、今までとは違う
「ひっくり返り」思考に転換できるチャンスです。

第一歩として、
周囲にある気になること(合図)にフラグ(旗)を立て、
潜在意識の声であるシンボル(象徴)を言語化していきます。

そのために用意した便利ツール
「シンボル・ガイダンスマップ」を取り入れ、

目の前の「滞り」を
プレシャスな宝物にしていきましょう。

「シンボル・ガイダンスマップ」セミナーとは

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図5_Neutlogy【然学】

まず、ファーストステップとして取り組んでいただきたい
ガイダンスマップとは何かを説明いたします。

共通見解として、
心の波動(感情)が周囲に共振・共鳴して
広がっていると定義します。

その波動の延長上に
身体の痛みや病気が「声」として表れます。

どの部位にどんなカタチで
どんな症状として表れているか診断します。

たとえば、
「お腹が痛い」場合、
誰と「お仲(お腹)が悪い」のか、ということを探ります。

「口内炎」ができたら、
「言えん=癒えない」ほど、ストレスがある、などです。

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図6_振動

その振動がさらに広範囲にわたり変貌し、
「気になる」現象として天変地異を含めて外に表れます。

そのメッセージの一例として、
動物、昆虫、数字、漢字、状態などをキーワードに
シンボル・ボックスに入れて変換し、言語化します。

この、潜在的に隠れている声なき声が
どんなメッセージなのかを解説する
「人体場宇宙図」が、ガイダンスマップです。

以下は具体的にセミナーで使う
「自己カルテ」と「ガイダンスマップ」シートです。

シンボル・ガイダンスマップセミナー案内_図7_身体の部位と病気・症状(ぼかし)

自分を取り巻くこの世界は、
どこを「切っても金太郎あめ」のような
ホログラフィックなフラクタル構造(入れ子)になっています。

その原理からわかるように
心の内側は映写機のようなハタラキで、
目の前のスクリーンに像(カタチ=現象)が映し出されるイメージです。

人の悩みの9割が「人・金・体」に関するコトだといわれます。

  • 人間関係で悩む人は、自分自身との関係性が悪く“心の葛藤(闘い)”が絶えない。
  • お金に困っている人は、自己卑下という“心の貧しさ(卑しさ)”がある 。
  • 病気に苦しむ人は、自分を否定する“思考の病(癖)”に冒されている。

その「思考の病」「心の葛藤」「心の貧しさ」の波形が、
どんなシンボル(現象)として周囲に鏤められているのか
ガイダンスマップを通して分析していくと

舞台裏に隠された本質が白昼の下、表に引き出されます。

現象は
隠された本音を知らせる「叫び」なので、表に出して
聞いてあげたら「主張(トラブル)」する必要がなくなります。

これが、現象は「知ったら」終わるという原理です。
(厳密には知って、ジャッジせず自分に戻す)

セミナーでは、最初に
「自己カルテ」を作成いただきます。

現在、
自分の身の回りにどんな現象が起こっているのか

具体的に「人・金・体・場」に表れている要素を判断し

等身大の自分と向き合っていただきます。

言うなれば、人間ドックならぬ
「心身場ドック」で、ジブントリセツを作ってみます。

次に
自己カルテで出された要素(シンボル)と

頭の先からつま先まで全身に表れる症状や
周囲に表れる気になる現象(数字、漢字、動物、昆虫など)
に照らし合わせ、言語化された一覧表を解説していきます。

例えば

「タイヤがパンクした」

  • →「誰かが、お逮夜(死ぬ前日)になる前知らせ」

「蜘蛛を見た」

  • →「苦も意図あり、なにを意味しているかよく吟味せよ」

などです。

この「お知らせ」を解く行為は、
ともすると「脅し」のようなイメージがありますが、

それは「お知らせ」の意味を解明できない場合です。

目隠しされて歩いている方が、崖っぷちを歩いている場合
肩を叩かれ「危ないですよ」と声を掛けられたら

一瞬「ドキッ」と驚きますが、
目隠しを外したら崖が見えたら

「あ、気づきませんでした! ありがとうございます」

と、その忠告は「脅し」ではなく
「驚き」はするも、単なる「お知らせ」だとわかるでしょう。

このガイダンスマップに沿って言語化を覚えたら、
あとは、日常に起こる現象をその都度
ご自身で診断できますので

ご家族や友人の身の回りに起こるシンボルに照らし合わせながら
前兆を読み解き、未来を楽しんでみてください。

セミナー受講の詳細

日程 9月26日(日)
※受け付け締め切りは開催日前日まで
(いずれの日も同じ内容です。希望日をお選びください。)
時間 13:00-17:00(休憩あり)
場所

会議アプリ【ZOOM】を使用したオンラインセミナー
ズームのダウンロード方法と使い方はコチラ↓(スマホ、PCにて利用可能)
Zoomの使い方ページはこちら

※セミナー開始1時間前にセミナーに参加する為のIDをご登録のメールアドレス宛に送らせて頂きます。

費用 20,000円(税込)
資料 「自己カルテ」「シンボル・ガイダンスマップ」シート(データ転送)
条件 「シンボル・ランゲージ」動画(90分)を観ておくこと

動画のサイズ:84.7MB 動画の長さ:1時間34分10秒






受講前に「自己カルテ」を作成していただきます。
(提出は不要、自己診断用)

ご希望の受講日が決まりお申し込みいただき入金確認できました時点で、事前に「自己カルテ」シートをデータでお送りいたします。

「シンボル・ガイダンスマップ」シートは、当日セミナー終了後にデータでお渡しいたします。

「秘境」への旅立ち

さあ、これから新しい世界の価値観で生きていく自分と出会う
そんな異文化に足を踏み入れるイメージはできましたでしょうか?

今までのように旧世界で生きていくことも可能です。

ただ、少なくとも今後、生まれてくる子どもたちは
新世界の文化で生きていく思考を普通に持ち合わせていますので

緊張を強いられる旧世界の思考とは
確実に差が生じることでしょう。

世の中では今、新しい風の時代の到来
「水瓶座の時代」と言われています。

知っていても知らなくても
今後、意識次元は上昇の一途をたどるでしょう。

いずれにせよ、
大きな変革のときを迎えていることは確かです。

「替わり目」というものは、
いつだって不安定です。

その揺らぎのエネルギーを
変化のチャンスに変えるか否かは、皆さま次第です。

少なくともこの手法を取り入れたなら
激動の世界情勢の中で周囲がどんな状況だろうと
いっさい左右されず、

気になるシンボルは読み解きさえすれば解決でき
目の前にいつでも「秘境」を創り出せる

そんな、エキサイティングな人生を楽しめます!

誰かやモノに依存する人生から
確固たる「自分だけが頼り」の人生へ

多くの方が、すでに到達している
超「楽~」な世界へ誘われます。

今までのような自己を裁く、アクセル全開の生き方から
ブレーキを外すだけでいい、すべてが赦される人生です。

これから
美しいシンボルの調べを奏でるであろう、皆さま方が
至福の世界へと旅立つことをイメージしつつ・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、
セミナーでお会いできることを楽しみにしています。

無料メルマガにて最新情報をお届け

公式LINE@にてリアルタイムに更新情報等もお届けしております

また、質問・ご相談はお気軽にどうぞ。(メルマガが届くアドレスに送って下さい)