Chasing our shadows.「我われの影を追え」~知らない自分に出遭っていくということ~

こんにちは、長山恭子です。

数年前、
スペインの地を
西へ西へと800km、歩きました。

かの有名な巡礼地
サンティアゴ・デ・コンポステーラ

俗に言う「カミーノ」です。

長年の願望だったのと
私自身のホロスコープ上の替わり目(ダシャー)である
ターニングポイントの年に一念発起して。

一ヶ月半、ただひたすら巡礼路を歩く旅は
自身の人生を彷彿させる
ナニモノでもありませんでした。

なぜなら
日々の生活そのままが
「歩く」スタイルに映し出されるからです。

ここでお伝えしている
【シンボルランゲージ】という概念も
この「カミーノ」で培われたわけですが

そのトリガーとなったのが

Chasing our shadows.
「我われの影を追え」

を教えてくれた
イタリア人との出逢いからです。

計画では
立ち寄る予定としていなかった町に
諸事情で一泊することになり、

通りすがりにある気になる
オープンハウスを覗いたところ
そのイタリア人男性がいました。

そこは
「影」をテーマとした
写真ギャラリーのようでした。

聞くところによると
彼は世界中を旅して
真理を追究してきたとのこと。

影とは
光が当たれば必ず現れる存在

切っても切れないものです。

光が我われの中の
「受け入れたい」状態だとすると

その裏には影として
必ず「受け入れたくない」
ものが発生します。

例えば
「好き=光」なモノ・状態を特定した瞬間

同時に
それ以外は「嫌い=影」に分類されます。

そして
それを「敵」と見做し

その敵である影を忌み嫌い
無くそうともがき苦しむも

当然ながら光を手放さない限り
影は無くなりません

最終的には
無視することになります。

こうして
在るものを『無かったこと』にする
行為が緊張を生み

ストレスとなり
反動で要らぬものを取り入れる
(バランスのための保身)

この悪循環に気づかず進み続ける結果
心身を蝕むことになるのです。

影は我われの一部です

影があるから
光が光たらんとされるのです。

善い悪いナシ
掛け替えのない存在です。

その影を追い続けた結果
光と融合され、

その瞬間、楽園という
パラダイスがやってきます。

なぜなら緊張という
不自然さが消えるからです。

追いかけるのは
私の影(My shadow)ではなく
我われの影(Our shadows)

つまり
自分と相手に映る影は
同質同体のものなのです。

自身の影は後ろに隠れて見えないので
相手に見える影=受け入れがたいモノ
が自分の影との合わせ鏡となって
見せてくれています。

これを受け入れる方法を
身に着けたとき

パラダイスがやってくるのです。

さあ、
楽園に安住する準備は出来ていますか?

シンボルランゲージメソッドで
それはカンタンに手に入ります。

 

より詳しく知りたい方はメルマガ登録の方をお願い致します

 

セミナーでは個別の問題や悩みについてピンポイントでお答えし解決させて頂きます

 

公式LINE@にてリアルタイムに更新情報等をお届けしております

また、質問・ご相談はお気軽にどうぞ。(メルマガが届くアドレスに送って下さい)

 

関連記事

  1. 長山祐士です^^ある法則との衝撃の出会い!

  2. 仕事を確実に成功させる術、200年以上続く企業の90%はファミリービジ…

  3. 花粉症はただのサイン?!実は瞬時に治せます【祐士】

  4. 長寿企業の秘訣とは?日本には1000年以上続いている企業が19社!

  5. 【後半】対人関係の秘密、大変!!自分を守るための行為が自己破壊を招いて…

  6. 墓じまい?身近な仕事運、恋愛運、健康運に多大な影響を与えている事実

  7. 法則を知らないだけで多大なチャンスロスになっている

  8. 対人関係の秘密、大変!!自分を守るための行為が 自己破壊を招いていたと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

シンボルランゲージ公式LINE@


公式LINE@では最新情報をいち早く配信!
LINE@限定での情報も配信中!
スポンサーリンク



<

最近の記事

  1. サイン

    痛点を通過すると痛みがなくなる、感情も同じ原理
  2. サイン

    Chasing our shadows.「我われ…
  3. サイン

    二極化というトリック、目の前は未来のあなた!
  4. サイン

    脳が反対側に動いた衝撃的なセッション
おすすめ記事 恋愛、仕事、健康

月別アーカイブ

スポンサーリンク