正しく「落ち込み」正しく「怒る」リスクマネージメントは最大のリスク!?

こんにちは、長山恭子です。

落ち込んだり、怒ったり、悲しんだりする

どちらかというと「負」の波動的な感情は
出してはいけないもの、

とされてきた方は、少なくないと思います。

一般的に「負」とされている感情に
真逆の文字「正」を当て

「正しく、落ち込む」って
いったい、どういうことでしょうか?

●「幽霊の正体見たり枯れ尾花」

幽霊かと思ってよく見ると
枯れたススキの穂であった。

実体を確かめてみると案外、
平凡なものであるということ。

落ち込んだり、悲しんだりする出来事って
案外、よくみたら

そこまで
マイナスにならなくてもいいことだったりします。

緊張からもたらされる
「負」のエネルギーは

自己を防衛するための

「闘争 or 逃走」パワーを出すための本能です。

このような、先天的パワーと

過去の経験値から「敵」と
判断して出される後天的パワーがあり

過去判断は往々にして
「枯れ尾花」だったりするわけです。

なので
「その『恐れ』、正しいですか?」


いったん止まって問うてみましょう。

あと
最悪を想像してみると

「ま、命とられるわけでナシ」

など、意外に
肚(はら)が据わったりするものです。

「冷静」になると「霊性」がハタラキ

見えないものが観え、
普段、感じられない直観力が上がるようです。

そちらを信じる方が、よっぽど安心です。

目の前の現象には必ず「原因」があり
そこさえ分かってしまえば、

特に
恐るることはナシ。

●正しいリスクマネジメント(危険管理)とは?

企業でも個人でも、何かあった時のための
リスクへッジ(防衛策)を講じます。

しかしながら、
その動機や気持ちが

「何かあった時の『恐怖』を抑えるために!!」

だと、

まじ、空気が何かを呼び寄せる波動と化し
「何か」を現実化させる確率を高くしてしまいます。

たとえば

・あらゆるリスクを考慮し防御して生きている方が
身近な奥さんからの攻撃をいつも受け続けている

とか

・お客さんからのクレーム処理に長けた会社が
社内の社員問題にいつも追われている

とか

・インフルエンザ予防接種を毎年受けている人のほうが
毎年インフルエンザに罹っている

など。

外をマネージメントしたつもりが
内でマネージメントされてしまいます。

起こったり、悲しんだり、防衛策を講じるのはいいが

どんな「心の状態」でそれを行うかで、

かえって逆効果になるかもしれないことを
知っておきたいものです。

「恐れ」は自己保全に必要ですが
要らぬ「恐怖」かどうかを見極めましょう。

なにか起こったら天からの「お知らせ」!
ひも解けばいいだけ、消滅します。

な~んの心配も要りません♪

 

より詳しく知りたい方はメルマガ登録の方をお願い致します

 

セミナーでは個別の問題や悩みについてピンポイントでお答えし解決させて頂きます

 

インド占星術(ジョーティッシュ)リーディングはコチラ

また、質問・ご相談はお気軽にどうぞ。(メルマガが届くアドレスに送って下さい)

 

関連記事

  1. 『甘え』てナニが悪いのさ

  2. 犯人は誰だ!え!わたしですか?思い通りにいかない訳を教えます

  3. ●5年越しで「根っこ」が【墓】だとわかった話(その4)

  4. 病気はただのお知らせ?本当の根本治療とは

  5. 生活に影響する、先祖事の重要性

  6. 二極化というトリック、目の前は未来のあなた!

  7. 天からのサインを読み解く訓練であなたもアルケミストになれる?!

  8. 自己の十字ライン「わたしって誰?」一族のポジショニングで、生まれた理由…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

シンボルランゲージ公式LINE@


公式LINE@では最新情報をいち早く配信!
LINE@限定での情報も配信中!
スポンサーリンク



<

最近の記事

  1. サイン

    「決めつけ」と「あいまい」は同じ穴のムジナ 解決…
  2. サイン

    本当に味わいたかった感情とは?人生「穴埋め作業(…
  3. サイン

    押し寄せる不調和や問題とする現象はすべて自作自演…
  4. サイン

    『自分トリセツ』で悩みの「クセ」が吹き飛んだ!
おすすめ記事 恋愛、仕事、健康

月別アーカイブ

スポンサーリンク