●5年越しで「根っこ」が【墓】だとわかった話(その1)

1月の寒い冬。

問題とされる
ある「お墓の偵察」にいく流れとなりました。

40代のY夫妻と車に揺られ
片道2時間、お墓までさらに40分、

70代のお父さんを連れ立ち
ようやく山の中のお墓に到着しました。

Y家の「先祖代々墓」が建立される
その横に

古墓が4基、
苔むして並んでいました。

「これ、だれの墓ですか?」

と聞くも

「・・・・」

わかりません、と。

親子そろって何十回も
墓参しているというのに

目の前の石塔が
「だれの墓」なのか

知らないまま、40年も!
過ごしていたという。

こんにちは。

ニュートラル・ナビゲーター 長山 恭子です。

今回は

40年にわたる、ある「お父さん」の
壮大なストーリーをお伝えします。

※ 本人の許可を得たすべて実話、長いので数回に分けます

Yさんと出会ったのは
かれこれ15年ほど前。

インド占星術のリーディングを
Yさんの奥さんが受けられたのがきっかけです。

10年、間を経て、
5年前(2016年)に再会し

そのとき
ご主人であるYさんから聞かされたこと。

「父が原因不明の【顔面痛】に苦しんでいる」

定年退職を迎え、
これから余生を楽しもうとした矢先に。

いつもここで
伝えている ≪合図三原則≫

「人・金・体」の「病気」編です。

「身体」に
差し迫った合図が入っているなら

すでに「金銭」と「人間関係」トラブル
を経てのことだと予測できました。

ここから
Y家のファミリーヒストリー

「根本」探しの旅が始まりました。

顔の痛みが出てから
半年、病院に通っても

原因がわからず、
検査ばかりが続くときでした。

「原因不明」の何かが生じた場合

他のどこかに
「原因不明」があるという「知らせ」です。

インタビュー開始。

・お父さんが長男なのか否か
・お墓は誰が守っているのか
・親戚との関係性

など。

確認に必須アイテムなのが

Y家の
系譜(ファミリーヒストリー)です。

ほどなくして

・家系図を作成

・位牌を整えた

そのタイミングで

病名が
「ガン」であるとわかりました。

◆原因不明「その1」

「病名」の判明

医学的にわかったので
入院して治療を受け、

とりあえず退院しました。

そして同じ病気の
入院患者だった3人(お父さん含む)が、

最後決断を
強いられることになりました。

1か月の経過観察後
ペット検査でよろしくなかったら

≪顔面皮膚の切除≫

と宣告されました。

そのとき
お父さんは

「顔の一部を切り取られてまで
生きる気はないから、手術はしない」

と。

困ったのは家族です。

まだ、60代のお父さんに
なんとしても生きていてほしい。

しかも
「痛い痛い」と言いながら
食事もまともにできない状態じゃなく

元気で。

もう
やれることはすべてやろう。

逃げられない状況に追い込まれた
家族は

最後の手段として
お父さんを「セミナー」に連れ出すことにしました。

ここでの学びは

一見
どうすることも出来ないコトでも

「問い」には
「答え」がセットであり

知りたいなら「質問」して
探せばいいだけです。

奇しくも
そのときの参加者に

末期ガンの方が3名も参加していました。

じっと

セミナー内容を聞いていたお父さんが
最後に質問をしました。

そのときのお父さんとの
インタビューが以下・・・

・お父さんはきょうだいの何番目?
「次男」

・長男さん(兄)が跡取ってる?
「いや、自分」

・じゃあ、お兄さんは墓参りしている?
「兄貴の話はしたくない!」

と、ここで
お父さんが不機嫌に。

詳しく
事情を聞いてみると・・・

ーーーーーーー遡るコト、30年ほど前

お父さんの兄が事業に失敗し
7000万円の借金を残して

「一家まるごと失踪」したのだと。

その後
連帯保証人のお父さんが

借金7000万円を

定年退職するまで
代わりに返し続けたそう。

ようやく
借金を返し終わった途端

「ガン」宣告。

まさに

「ガーーーーーン!」です。

話を
聞けば聞くほど

「踏んだり蹴ったり」です。

掛ける言葉もありません


これも、単なる「合図」です。

◆原因不明「その2」

「病気」の元が判明

「気の病」が
お兄さんとのワダカマリ(しこり)です。

これらの
因果関係を詳しくひも解くしかありません。

が、その時は
生死を争うとき。

じっくり掘り下げている
時間がありません。

とにかく

数日後に控えた「ペット検査」までに
できることを「やる」しかない、と。

そこでお父さんに

「お兄さん」に会いにいくよう促すと・・・

「それだけは絶対できない!!!!」

借金、夜逃げ、裏切り、肩身の狭さ、怒り、憎しみ

こんな辛い思いに
追い打ちをかけるような

「ガン」と「痛み」に
打ちひしがれているお父さん。

「気持ち」はわかります

が、しかし!

【大自然の営み】は容赦しません。

ニンゲンが気づくまで
「不都合」を生じさせています。

ナニか対処しなくては
このままでは「合図」という
現象が大きくなるだけです。

そこで、伝えたこと。

・家族の中で起こる否定的な出来事は
当人が代表して「役を担って」いるだけで

一族の「合図」であること

・ここで解決しておかないと
子々孫々と同じ「テーマ」の出来事が

繰り返し起こるということ

・借金も病気(ガン)も
単なる「お知らせ」だから

気づいたら「消える」ということ

これを
静かに聞いていたお父さん。

子や孫に自分と同じ思いはさせたくない
と、心の変化を生じさせた

その翌日
お兄さんと連絡を取り

息子のYさんを連れて会いに行ったのです。

30年ぶりに会った兄に、
お父さんが伝えたことは

「今回の借金ゴトは、兄貴のせいじゃなく

どうやら【一族の知らせ】らしいわ・・・」

言われた当事者の兄は

おそらく
理解できなかったでしょうが

とにかく重要なのが
お父さんが

「天の掟(おきて)」を理解し

兄を「許せた」コトです。

そして
一週間後

検査結果が出ました。

医者:「おっかしいな・・・

ガンが、消えてる・・・」※

一般的には
≪奇跡≫という名の

しかし
法則通りの結果でした。

※5年経った今でも
再発せず元気に過ごしています

お父さんと一緒に入院していた
同じ病気仲間2人はというと

ひとりは、
顔面切除の手術を受け

もうひとりは、
亡くなった、そうです。

九死に一生を得たお父さん

しかして
これで問題が解決したわけではありません。

なぜ、このようなことが
一族に起こったのか

原因を探り
そこをクリアしてこそ

子孫に
「負」の連鎖を起こさせないコトが

お父さんと
お兄さんの、子孫への責任です。

が、残念ながら
その一年後

兄は「大腸ガン」で亡くなりました。

ここから
Y家の次なる「探求」が始まります。

まず
40年前

・それまで順調だった
兄の事業がなぜ立ち行かなくなったのか?

・そのとき一族に
何があったのか?

これらを探るべく、

まずは一つひとつ
「曖昧」部分を「明確」にしていく作業です。

根本を見つけ出し
解決して

第二の「お兄さん」を作らないために。

続く・・・

 

より詳しく知りたい方はメルマガ登録の方をお願い致します

 

セミナーでは個別の問題や悩みについてピンポイントでお答えし解決させて頂きます

 

公式LINE@にてリアルタイムに更新情報等をお届けしております

また、質問・ご相談はお気軽にどうぞ。(メルマガが届くアドレスに送って下さい)

⇒[PR]当たると話題! いま大人気の電話占い

⇒[PR]不倫相手と復縁できた私の体験談

⇒[PR]口コミで話題のオーラ鑑定はこちら!

⇒[PR]たっぷりお試し鑑定ができる電話占い

⇒[PR]タロット占いも楽しめる電話占い

 

関連記事

  1. 結果がイマイチ、曖昧を払拭するには「知る」こと

  2. ●5年越しで「根っこ」が【墓】だとわかった話(その4)

  3. 彼が振り向いてくれないのは・・・ウソ! 私がわたし自身で仕向けている?…

  4. 天から見たらすべてがパーフェクト!

  5. 天からのサインを読み解く訓練であなたもアルケミストになれる?!

  6. 食べ物の「好き嫌い」の理由を知ると人生が一変する

  7. パーフェクト信仰が苦を招く【未完成】の極意を明かします!

  8. 正しく「落ち込み」正しく「怒る」リスクマネージメントは最大のリスク!?…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

シンボルランゲージ公式LINE@


公式LINE@では最新情報をいち早く配信!
LINE@限定での情報も配信中!
スポンサーリンク



<

最近の記事

  1. サイン

    ●怖るべし「磁場」が創り出す「現象」 その2
  2. サイン

    怖るべし「磁場」が創り出す「現象」 その1
  3. サイン

    ●5年越しで「根っこ」が【墓】だとわかった話(そ…
  4. サイン

    ●5年越しで「根っこ」が【墓】だとわかった話(そ…
おすすめ記事 恋愛、仕事、健康

月別アーカイブ

スポンサーリンク