二つに分けて識る、融合するとフルコースに!

こんにちは、長山恭子です。

自分を知る、とは
カンタンのようで、いと難し。

ちょっと専門的になります。

モノゴトを認識する意識の
「識」という漢字の意味をみていきます。

「識」の
サンスクリット語は

《Vijnana》ヴィジュニャーナ

ヴィ    ⇒2つに分けて(分析・分割)
ジュニャーナ ⇒知る

つまり目の前にある対象を
分析し、分類して認識する作用です。

ちなみに、「ヴィ」の意味合いは
「シンボル」※の由来にも似ています。

※「シンボル」とは、
一般に直接知覚できない事象を
類似性や隣接性にもとづいて具象化したもの。

ギリシア語のシュンボロン(symbolon)に由来し、
原義は《共に投げること》。

何かのものを二つに割っておき、
それぞれの所有者がそれをつきあわせて、

相互に身元を
確認しあうもの=割符を意味します。

なぜ、「知る」ために
2つに分ける必要があるのでしょうか?

それは
あらゆるものは、それ自体では
存在することができないし

まして
認識することすらできないのです。

例えば
暖かい部屋にずっといるとき、

寒い外に出て
はじめて部屋の「暖かさ」を感じます。

何かを失ってみて、
あらためて存在の有り難さを実感します。

それ自体だけの状態では
「知る」ことが不可能だということを

そこから
離れたときしかわかりません。

こんな
当たり前ともいえることを
私たちは日々、

無意識に感じながら過ごしています。

認識する手段として2つに分けられた現象の
片側だけみてモノゴトを判断するというのは

靴下の片方をみて
その使い道を考えるようなもの

そんなこと
普通はしませんよね。

もう片方の靴下を探してから
じっくり戦略を立てるでしょう。

実は、この順番が
とてもとても! 大切になります。

この2つの「中心」に意識があるときのみ

これらの真反対に見えるモノ
矛盾に思えるモノが

ひとつのモノであると
認識できるのです。

この認識から2つが融合されたとき
美しい調和が生じます。

美しさは、醜さの裏づけから認識され

明るさは、暗さあっての現象であり

健康であることは、
病の後にしみじみ感じられます。

このように

私たちが得られる「快感」は
「不快」あっての賜物です。

この本質的なしくみが理解できたなら
どんなに厳しく、辛い体験を経験しても

それは、裏に隠れる

豊かで明るい世界の
プレリュード(導入曲)に
すぎないことだとわかるでしょう。

さあ、これが理解できたら
「恐れ」などは不要です。

敵だと思っていた
すべてのモノゴトは

実は
前菜にも似た

メインディッシュへの期待感とともに
「味方」へと変わることでしょう。

ちょっとした意識トレーニングで

私たちの世界は
美味しいフルコースの人生へとシフトしていきます。

 

より詳しく知りたい方はメルマガ登録の方をお願い致します

 

セミナーでは個別の問題や悩みについてピンポイントでお答えし解決させて頂きます

 

公式LINE@にてリアルタイムに更新情報等をお届けしております

また、質問・ご相談はお気軽にどうぞ。(メルマガが届くアドレスに送って下さい)

⇒[PR]当たると話題! いま大人気の電話占い

⇒[PR]不倫相手と復縁できた私の体験談

⇒[PR]口コミで話題のオーラ鑑定はこちら!

⇒[PR]たっぷりお試し鑑定ができる電話占い

⇒[PR]タロット占いも楽しめる電話占い

 

関連記事

  1. 仕事、金銭面の一切の問題が解決

  2. 「心地よい状態」が得られないのは単なる錯覚から? その1

  3. 先祖事は「在り方」と「やり方」の両方が正しくなければならない

  4. この世界に存在する「ナニモノ」かを味方にして

  5. 恋愛成就、理想の相手と出会うには?

  6. お金が湯水のように出ていくカラクリが理解できました!

  7. 脳が反対側に動いた衝撃的なセッション

  8. 不幸の元凶は欲から

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

シンボルランゲージ公式LINE@


公式LINE@では最新情報をいち早く配信!
LINE@限定での情報も配信中!
スポンサーリンク



<

最近の記事

  1. サイン

    needs(ニーズ) or wants(ウォンツ…
  2. サイン

    パーフェクト信仰が苦を招く【未完成】の極意を明か…
  3. サイン

    闇を直視すると、光が舞い降りる♪
  4. サイン

    「家系図」を制する者は、すべてを制す?!ルーツ調…
おすすめ記事 恋愛、仕事、健康

月別アーカイブ

スポンサーリンク