「すずめの戸締り」神は気まぐれか?【その2】

ヒトは

災い、困りごと
一般的に言う「苦難」が起こり
為すすべもなくなると、ただ「祈り」ます。

これ以上ひどくならないように
出来れば消えてなくなりますように・・・

と。

古今東西あらゆる手段を講じて
「封印」させてきた「負」のエネルギーは、

まるで魔界から
「突然」やって来る災難だと思われますが、


「自身」が創り出した「歪み」なのです。

こんにちは。
ニュートラル・ナビゲーター 長山 恭子です。

新海監督の災害に対する「認識」。

来たるべき厄災を恐れるのではなく

厄災がどうしようもなく「べったり」と
日常に貼りついている、そういう世界

そう。
この日本における「災害」は

地震のみならず
火山列島なるゆえの噴火や
豪雨、土砂崩れなど多岐にわたります。

天の計らいとはいえ

なぜ「厄災」が起こるのか
なぜ「ここ」なのか
なぜ「今」なのか

わたしは知りたいと強く思います。

映画「すずめの戸締り」で

「神は気まぐれだから」

とダイジンに言い放っている
シーンがありますが

それじゃ困るんです!!

災害時は「祈り」も大切ですが、
同時に「原因」を探って

それを「調節」できる
術(すべ)があるなら

取り入れていきたい
そう思うのです。

天変地異という、どちらかというと
人間にとっては「負」に思えることが

天を仰げば、単なる「新陳代謝」
つまり「正」であることがわかります。

とはいえ人類に災いがもたらされたら
それは「負」、

いわゆる「闇」「影」ですが
それあっての「光」です。

光が「光たらん」とするために
闇が必要だとしても受け入れがたい心境です。

もし
「闇と光の調整」がうまくできる
技術があれば、

本当の意味で
「祈り」は天に届けられるハズです。

「冬至」を迎え
「陰」極まり「陽」の復活がなされた

「一陽来復」の今

「気まぐれな神」
に奔走されるのではなく

単なる「天変地異」を
人の「意識」が「厄災」にするのであれば

わたし達「ヒト」が
「霊止(ひと)※」になっていくしか

防災「手段」はないと思われます。

※霊(天のエネルギー)を止める(キャッチ)

では
どのように「霊止」に近づくことができるのでしょうか?

それこそが
「シンボルランゲージ」。

身の回りの気になるメッセージをキャッチし
味方にするところから始めてみませんか?

 

より詳しく知りたい方はメルマガ登録の方をお願い致します

 

セミナーでは個別の問題や悩みについてピンポイントでお答えし解決させて頂きます

 

インド占星術(ジョーティッシュ)リーディングはコチラ

また、質問・ご相談はお気軽にどうぞ。(メルマガが届くアドレスに送って下さい)

 

関連記事

  1. 『嫉妬』する者「されるモノ」同じって知ってた? その1

  2. 不幸の元凶は欲から

  3. ●「軸」ナシは「生きていない」と一緒?!

  4. 【星読み】封印を解く 占い好き必見!

  5. 二極化というトリック、目の前は未来のあなた!

  6. 星と空間から学ぶ「自分トリセツ」オンラインセミナー開催決定!「内面」被…

  7. 「あり方」が明確だと「やり方」が勝手に整う 滞りの「正体」は?

  8. ●5年越しで「根っこ」が【墓】だとわかった話(その1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

シンボルランゲージ公式LINE@


公式LINE@では最新情報をいち早く配信!
LINE@限定での情報も配信中!
スポンサーリンク



<

最近の記事

  1. サイン

    「決めつけ」と「あいまい」は同じ穴のムジナ 解決…
  2. サイン

    本当に味わいたかった感情とは?人生「穴埋め作業(…
  3. サイン

    押し寄せる不調和や問題とする現象はすべて自作自演…
  4. サイン

    『自分トリセツ』で悩みの「クセ」が吹き飛んだ!
おすすめ記事 恋愛、仕事、健康

月別アーカイブ

スポンサーリンク